千住大橋

千住大橋が江戸時代、最初に架橋されたとき、単に「大橋」と呼ばれた。

構造 鋼タイドアーチ橋

竣工 昭和2年(1927年)12月12日

設計 増田淳

施工 石川島造船所

関東大震災後の震災復興事業の一環として、昭和2年(1927年)に現在の鉄橋が架橋された。タイドアーチ橋としては日本最古のものである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました