清里の宇宙展望台

朝から雲が斜里岳にかかって斜里岳の全体がみえない。眺めのいい場所「宇宙展望台」へ。雲が山頂にかかってはいたが、気持ちの良い場所。雲が動かないかなあ、などとのんびりした事を考えながら一時間近くボケっとした。誰も来ない。

上図、右の近くの山が斜里岳、左の山が海別岳。2つの山の延長に連なるのが知床半島。シレトコの由来は、アイヌ語で地山の先、あるいは地山の突き出た所を意味している。地山とは漁師が島山に対して陸地の山をいう語。

同日夜に知床のウトロに宿をとる予定で、いまからあそこまで行くのだな、などと思いながら遠望する。

展望台の上で雲の動きを眺めていたとき、初老の夫婦がニコニコ息を切らしながら展望台の螺旋階段をのぼってこられた。挨拶をして、天気の話になり、旅の話になった。その夫婦は定年退職後、埼玉におすまいで、毎年”車で”北海道に来ている。恒例になり10年になるという。ホテルは使わず、9月の気候のいい時期に”車中泊”しているとのことであった。根室の道路に「シカ注意」と書いてある写真をみせてくれた。茨城の大洗から苫小牧へのフェリーを使うとのこと。こんどそれやってみよう!

商船三井フェリー
商船三井フェリートップページです。マイカーやバイク、ペットと首都圏-北海道の船旅は商船三井フェリーが便利お得です。「船旅のたのしさ」をコンセプトに新造船が就航し、より充実した船旅をご提供します。

コメント

  1. […] 穀類乾燥機 コンバイン 清里 さくらの滝 清里の宇宙展望台  […]

タイトルとURLをコピーしました