紋別港

海は深いほど冷えにくい。浅いほどよく冷えて凍る、したがって浅いオホーツク海にしか流氷ができない

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: r0003177.jpg

紋別市内、北海道立オホーツク流氷科学センターの、-20度厳寒体験室。吹いたシャボン玉が即座に凍ります。 触るとオブラートみたいにクシャッと潰れる。

流氷はアムール川産です(つまりロシアの淡水)

海は深いほど冷えにくい、浅いほどよく冷えて凍る(オホーツク海)

ので、流氷は、浅いオホーツク海側にしか出来ない。これを説明するのが上の図。水深の深い太平洋では、対流する時間が長いので海水の氷結温度-1.8度になる前に春が訪れるので氷ができない。一方でオホーツク海では、深層は塩分濃度が高く、この層と、表面の塩分濃度の低い層とが混じり合わず、50mの浅い層だけが寒風にさらされて氷ができる。

秋のうみには流氷がないので、ダラダラしているガリンコ号

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: a7301360.jpg

冬に備えてのんびり佇む砕氷船ガリンコ号。

紋別港の船たち

北海道の港は独特の形の漁船がいてカッコイイ。以下の写真にピッタリのBGMをご用意しました。

兄弟船
廃船でしょうか。
北の荒海を乗り越えてきたかと思うとほれぼれします。
クイズ これは何でしょう
舵でした!

かたは古いが、時化には強い。

コメント

  1. […] 紋別港 サロマ湖 […]

タイトルとURLをコピーしました