玖波駅周辺(西国街道)

玖波駅周辺は廿日市駅周辺と似ていて、共通点は西国街道の宿場町

玖波、くばとよみます。

玖波駅から大竹駅まで西国街道沿いを歩いてみました。

玖波駅を降りると、客待ちをするタクシーの運転手が退屈そうにしていました。

空は晴れ。正月休みで閑散とした玖波商店街に入ると、廿日市に似た雰囲気。駅前から道が海の方向へ伸びる。古い商店が軒を連ね、少し蛇行しながら南へむかう途中で西国街道と交わったあと、より新しく、自動車の騒がしい国道2号線と交差し、そこから先に、もう瀬戸内海が見える。海に近い商店は、浸水に備えるかのように外壁の裾がタイルで覆われている。

私の両親の家のある廿日市には宿場と本陣がかつてあり、この玖波には西国街道の時代の街道沿いの次の宿場と本陣があって、参勤交代の時代の古い建物の名残がある。道幅や街の作りもやや似ている。目的が同じだと町も似てくるのかもしれない。更に玖波も廿日市も以前は厳島神社領であった。玖波の町並みは禁門の変のあとの長州征討の際に、長州軍により多くが焼かれ往古の面影はないという。古い町並みの一部が明治期に再建されている。

玖波の商圏は廿日市内陸の玖島川流域であるが、廿日市からアクセスするより玖波からのほうが有利

玖波はすでに中世から主要な港町の一つで、廿日市市内陸部の玖島川流域と商圏を形成するが、玖波から分水嶺を越えた向こう側に行くには玖波谷を通って行く必要がある。玖島川は山地の北側を東西に流れ、分水界は手前にあるため、川は超えて南には下りてくることができない。玖波から内陸に行くための玖波谷は駄獣を荷役とするから、道には馬頭観音が多い。

材木屋さん。廿日市も材木の街。共通点を感じる。

港の道端の積んである木材や貝殻。このホタテの殻に牡蠣の幼生を付けて養殖する。

広島県漁連 http://www.hs-gyoren.jp/make.html

広島市水産振興センター http://www.haff.city.hiroshima.jp/suisansc/kaki_ikadasiki.html

玖波の港、むこうに厳島。

玖波港周辺。

コメント

タイトルとURLをコピーしました