佐東銀山城@武田山

現在の広島市中心部は海でした

武田山頂上から栄える広島市内方面、三角州はかつて海の底でした。ガスかかってすみません。

中心部はかつて、北部にあり、古代山陽道も北にありました

東区戸坂方面をのぞむ。古代山陽道が安芸郡安芸町から安佐南区大町そして安佐南区伴を通って廿日市の平良(種箆 へら)に通じていました。海岸べりにも道はありましたが、馬が走れないため北にあったとのことです。北を回ったほうが走れるから。

安佐南区緑井・八木方面、奥の左の山で土砂崩れがありました。

古代山陽道沿いにある武田山は中世、重要な土地でした

三角点。周りの茶色の砂は、急な雨が降ると、表面がズザーっと落ちてしまうマサ土という砂質で、風化した花崗岩です。安佐南区八木の土砂崩れの原因はこのマサ土です。

ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手はバリバリの広島弁を喋りますが、広島出身で安佐南区の出身です。残念ながら広島カープには移籍しないようです。安佐南区武田山には2つ名所があり、1つは柳田選手が通った広島経済大学が麓にあり、2つ目は山城の佐東銀山城です。トピックがマイナーですね。。。

どうしてこんなところにお城を建てたのだろう、どうしてここが繰り返し係争地になったのだろう、と思っていましたが、荘園主厳島神社への物流拠点”倉敷地”であったこと、しかも舟運がメインの時代の交通の要であったこと、などからみんなほしがる土地だったのであります。

佐東銀山城の語源

このあたりを古く佐東といいます。語源ですが、もとは太田川を挟んで、東を安芸郡、西を佐伯郡と呼び、佐伯郡を佐東・佐西に分けたことからそう呼ばれます。金が取れたので佐東銀山城です。武田山(今の呼び名)=佐東銀山(昔の呼び名)。

広島市祇園西公民館 HP より引用。室町時代の行政区分
広島市祇園西公民館 HPより引用。行政区の変遷、赤字のところに、佐東佐西の記載

安佐南区祇園(武田山の麓)は海と内陸をつなぐ経済拠点

中世の頃、今テレビで見るような広島はなく、海の底でした。氾濫原を順次埋め立てて広島が出来ました。海岸線は北の安佐南区の佐東銀山城のふもと、

祇園のあたり、中世の頃はむしろ当地、武田山周辺のあたりが栄えており、武田氏が城を構えていました。太田川の舟運と瀬戸内海への玄関の港があり、山陽道も戸坂のあたりから大町のあたりを通っていました。ロジスティクスのモードの接合地点、いい場所であります。

倉敷地が祇園にあった

厳島神社領の荘園から太田川を使って集まる物資を”武田山のふもとの佐東倉敷”(倉庫のまち)に集めました。佐東郡桑原郷が現在の長束地区、佐東郡伊福郷が現在の祇園・山本地区で当時の経済の中心地でした(広島経済大学と広島商科大学(修道大学)が付近にあるのは偶然です)

倉敷地というのは荘園や領地から上がる物資貯蔵場所のこと。かつて倉敷地であった岡山県倉敷市は名前そのまんま。語源は蔵屋敷からの転訛です。

武田氏が住むのは承久の乱の恩賞から

武田山には佐東銀山城があり、承久の乱の恩賞でこの地を得た武田氏が入ったのですが、室町期には周防大内氏と、戦国期には毛利氏と戦い、最終的には破れました。今でも祇園や山本には武田氏ゆかりの寺社が数多く存在しております。

広島の三角州が干上がるとそっちにヒト・モノ・カネがうつり、西国街道も毛利氏によって敷かれた

時代は下って太田川下流の中州に人が住むようになり、経済拠点も河口側へ移動していきます。毛利氏が広島市白島に広島城を作り城下町が発展、山陽道(別名西国街道)を安佐南区経由の北回りからだいぶ南にある城下に付け替え、中心街が現在の広島市中区になる転機になりました。

広島市の繁華街の本通りはアーケード商店街になっていて、今は見る影もありませんがもとは西国街道です。

安佐南区祇園は私が高校の頃は道が狭くて車の往来が激しくちょっと通いにくいなと思っていました。古い道ほど道幅が小さく味があるものですが、広島の都市化で飽和したのか、久しぶりに訪れると味気のない太い道がたくさんできていました。

武田山に登られる方へ

410.9mの山は途中から険しくなり、自然の要害山で山城に適しています。それは取りも直さず、腕を使ったり、設置してあるロープを使って登る場所が数箇所あるということです。膝や腰が悪い人には難しいでしょう。眺めは最高です。

マイナーな話題ばかりで恐縮です。読んで頂いてありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました