速谷神社 ハヤタニサン 自動車のお祓いをやる理由

広島のバスやタクシーは速谷神社でお祓いする

はやたにじんじゃとよみます。地元では「はやたにさん」と呼び、「交通安全の守護」で有名です。宮島は「みやじまさん」と呼びます。さんを付けると親しい感じがします。

広島を走る車には「速谷さん」のステッカーがよく貼ってあります。東京での川崎大師みたいな感じ。速谷神社は、「速い」のイメージも手伝い、車専門神社のイメージを勝手に持っていましたが調べてみると、なんとまあ格式の高い神社でした。私の父が厳島育ちで初詣は厳島神社とほぼ決まっていて、ハヤタニサンとは縁遠かったのです。

定めのとおり、牛馬で乗り入れてはいけません!!

なぜ「車なら速谷神社」でお祓いをするのか?

よく調べると、延喜式神名帳に名神大社として記載されている式内社(≒ビッグネーム)でした。清盛さんが厳島神社ラブだったので、そっちに勢いが移っていき一度衰退しますが(後述する山陽道の移動も一因)、江戸時代に延喜式に基づいて再認識され、近代でも延喜式に基づいて再認識され国幣中杜として復活します。海上安全ならこんぴらさんとか住吉さん。でも車がなかった頃はどうしていたのだ、などと疑問が浮かびます。「車なら速谷神社」というのと、格の高い神社がつながりません。古式ゆかしい神主さんが近代的な車に御幣をシャリンシャリンさせられているチグハグな絵柄にはどうもひっかかるものがありました。故障しやすかった昔の車なら神頼みするのは肯けるけれど。そもそもどうしてハヤタニさんが交通安全を祈る神様なのか、でございます。

ハヤタニサンは道の神様だった

速谷神社のホームページを見ると「山陽道鎮護」とあります。もう答えです。。。近くに古代の山陽道があったと考えられます。ハヤタニサンは道のカミサマだったのです。

旧山陽道にみえる地名に種箆(へら)があります。現在平良(へら)という字に置き換えられています。速谷神社の所在地は「広島県廿日市市上平良」です。

一般に古代の道は山側で、新しい道ほど平地に移っていきます(高速道路の山陽自動車道は再び山に向かいますが)。安芸国の旧山陽道も内陸を通っていましたが、埋め立てが進むと山陽道は便利な海沿いに付け替えられ、賑わいも徐々に平地に降りてゆきます。標高78mの山手にある速谷神社は、この経過の間内陸に取り残され、厳島神社にその地位を譲ったと考えられます。

ハヤタニサンは国人衆の名神大社でミヤジマサンより格上だった

加えて、この神社は単に山陽道の守護以上の格式がありました。

境内に阿岐国造という石碑がありました。速谷神社の解説によると「安芸の古代氏族で天皇家とは血縁のつながりをもたない地方豪族」でしたが「しかし彼らは、古代瀬戸内に隆盛した雄族であり、大和政権の信頼厚く、蜜月の時代が長くつづいていたようです。」とあります。速谷神社HPより。雄族=有力な氏族

要は国人衆の神社ですね。安芸国にある延喜式の名神大社は3つありますが、いずれも旧山陽道沿いにあります。
速谷神社 名神大 月次新嘗(ツキナミニイナメ) (広島県廿日市市 上平良)
伊都伎島神社 名神大 (広島県廿日市市 宮島町 =厳島神社)
多家神社 名神大 (広島県安芸郡府中町 マツダの企業城下町)

速谷さんだけが「月次新嘗」の官幣大社で格上です。月次祭(ツキナミノマツリ)と新嘗祭の際に官幣を奉った神社を月次新嘗社といいます。月次(つきなみ)は月例と同じ意味で昔は毎月行われ後に6月と12月だけになります。「つきなみ」の現代のネガティブなニュアンスは、元々のツキナミにはありません。新嘗祭で食べるのが「新米」で、つきなみの祭りで食べるのが「昨年のお米」ですから、”新米に比べたらツキナミ”かもしれません。月次報告書でゲツジと読み慣れていましたが、ツキナミノと読むのもカッコイイ。

幣帛(ヘイハク かみさまへのお供えもの)を国から収める時に、国がダイレクトに収める重要な扱いを受ける神社が”官幣大社”で社格が一番上です。その他は国司に代行してもらったりする国幣大社。

まとめますと、

ハヤタニサンは、安芸国人衆の神社で都からは重視された官幣大社でした。一度廃れて、近所の厳島神社に地位を譲りますが、近代に国幣中社として復活した神社でした。山陽道の守護神なので交通安全の守護神、かつて厳島神社より格上でありました。

知らんことだらけですの、勉強せにゃあいけんね。

可愛川沿いの旧参道を遡上しながら見つけた参道の石標。神社から2km以上離れた速谷橋のあたりにありました。なぜここにあるのだろう。

コメント

  1. photonspin より:

    そのように格の高い神社なら参道が2kmくらいあっても不思議ではないと思いますよ。

  2. コメントありがとうございます。確かに!山のてっぺんにある神社までの道も参道ですもんね。
    バス通りであり、生活通りになっているので、場違いな感じがしてあのように書いてしまいました。

タイトルとURLをコピーしました