那須、宇都宮

9月下旬のいい天気の日、那須へ車ででかけました。火山性のガスのため草木がまばらな箇所。

殺生石の下流は、賽の河原と名がつけられています。三途の川の”賽の河原”で、親より早く死んだ子供が石を積む、鬼が壊す、積んでも積んでも鬼が壊す。”正義の味方の地蔵”が現れる。というストーリーに基づき、賽の河原にはお地蔵さんのサービスが込みとなっております。

なんだけれど、これだけ並ばれるといささか気味が悪い。

硫黄ガスの臭いが漂い、湯のはなを採取する装置がありました。

軽装で登山は途中で諦めました。

乃木将軍が毎年湯治に訪れていた大丸温泉。

ロープウェイ乗り場(下側)から遠くはありません。200年の歴史があります。縦長い小川がいくつかの堰で仕切られ、階段状にいくつかの湯溜めがあります。湯溜めから上流に登ると、次の湯だめがある。お湯はふんだんで、硫黄ガス臭さはなく、お湯も濁ってはいません。いい湯加減のお湯がもったいないくらいにドンドコ流れてきます。

帰りに宇都宮のみんみんで餃子を食べました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました