坂月川 上流の住宅地と、下流の菜の花

坂月川の下流と上流の雰囲気が逆な気が

千葉の都川の支流に坂月川があります。菜の花の咲く坂月川を散策してきました。下流はいわゆる水辺の草生す風景、しかし上流は治水のうえで、谷底地形に住宅がひしめいていました。

菜の花の写真が下流の風景、後で出てくる住宅地の写真が上流。

地図上の坂月川の起点は暗渠の出口

地図に記載してある坂月川は、桜林高等学校のあたりで突然途切れますが、暗渠の出口がありました。

暗渠が続く上流側の桜木北一丁目は谷底地形です。同部位の標高地形図を眺め地形の削られ方をみると、坂月川の始まりはもっと北、そして西へ曲がっているものと思われました。

国土地理院 デジタル標高地形図 千葉より引用

地図中央、川が途切れる場所より、さらに左上の谷底地形には住宅が密集しています。暗渠化された部分を坂月川と呼んでいいかどうかは別として、流域及び水源はもっと北まで遡れるのでは・・・。

谷底地形の現在の様子

桜木北一丁目の北東の台地から。谷底へおりる急坂。写真右上に谷底から上る急坂が対岸に見える。坂月川によってできた、谷底地形を歩いて往復しましたが、暗渠らしきものを見つけることはできませんでした。対岸の高架橋は千葉都市モノレール。

上の図の集会所のあたりは、コンクリートで塞いでありますが、この下に遊水地があるのでしょう。あえて生活利用されていない雰囲気。広い暗渠というか。昔のビルの屋上ってこんな感じだった。

グーグルマップの写真

上流は暗渠化すれば住宅ができ、下流は立派な川で、逆に暗渠化ができない、というのが面白い

その理由を愚考します。暗渠化できる基準が、想定最大流量(想定される満水状態)に基づいて設定され、設計されていると考えますが、上流においては最大流量は極端には大きくない(上流の流域が小さいから)のでクリアできる。また、暗渠化の条件として、土砂の堆積を防止するために、流速が必要であり、上流の勾配のある土地というのは暗渠化の好条件でしょう。さらに上流まで、統合的に治水事業が行われているものと思われます。

坂月川の上流に当たる場所にある公園。ここも旧遊水地の雰囲気。ここから下っていきます。

本題、菜の花見物に戻します

住宅地を抜け、暗渠の出口より始まる坂月河畔にでると一気に雰囲気が変わる。

支川である坂月川と本川である都川との合流部

合流部は主河川からの逆流で一般に氾濫しやすいため、土地利用はあまりされていないようです。どことなくうら寂しい。菜の花も咲いておらず、散歩する人は皆無でした。

水流も豊富となります。

江戸時代には、都川下流域の亥鼻にある大和橋まで、生活物資や商品を舟で運んでいたとのことです。大和橋付近には河岸のあとがあります。これらの舟運は大正時代まで盛んに行われていました。(参考文献 二級河川都川水系河川整備基本方針 平成24年)

http://www.pref.chiba.lg.jp/kasei/keikaku/rivers/documents/04-miyako-hosin.pdf

支川都川と都川が合流するあたり

更に下流域で、本川である都川と支川都川とが合流する場所です。

左が都川さん、右が支川都川さん。

都川の支川だから、支川都川。C1000タケダみたいだ。もっといい名前をつけてもらえなかったのか、坂月川のように。まるで誰それの弟さんと呼ばれて不貞腐れているような気がしてならない。固有の名前はなかったのかな。

千葉県野田市、座生川と座生川支川。東京都江東区に大島川西支川など。千葉の松戸に、派川坂川というのを見つけた。治水目的の人工的な流路。

まとめ

・都川の支川、坂月川は菜の花がきれいです。

・坂月川の上流は暗渠化されて住宅地になっている。

・都川・坂月川は江戸時代舟運が盛んでした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました