いさき

iphoneなので画像不鮮明でごめんなさい。

梅雨が旬のさかな「イサキ」。皮をのこして三枚におろし、バーナーで皮を炙って、焼き霜造り。自分でもやるけれど、魚屋さんがやるとやっぱり上手だ。

刺身目当てに魚屋によく寄る。旬のものを食べる、うまいから。秋のイチゴは不味くて高い。秋には柿を食うほうが、そのへんの木になっているものでもうまい。最近は流通がいいから、広島で見たことのなかった遠方の海を泳いでいた魚が「旬」として並ぶ。未知の「旬」を貪欲に味わい、再発見している。「ほうぼう」もたくさん並んでいた。顔が気持ち悪いが刺身にはうまみがあり美味しい。暖かい海に住むが温暖化で生息圏が北上し近海の漁獲が増え、高級魚だったものが庶民的になったのだそうだ。

コメント

  1. Rumikoの日記 より:

    お久しぶりです!

  2. yopioid より:

    オヒサ!(^^)

  3. Rumikoの日記 より:

    お元気にしていましたか?

  4. Rumikoの日記 より:

    どれもこれも美味しそうですね。

  5. yopioid より:

    元気です!ありがとう。

タイトルとURLをコピーしました