ディスクメディアは終焉するのか

記録媒体は丸い形をしている。30年前、ネットワークが遅かった頃、大量のデータをやり取りするために、虹色に反射するCDは重宝した。ネットワーク速度が上がった現在、この丸いやつらは、いずれ必要が無くなるのかもしれない。大枚をはたいて買った音楽CDやゲームソフトたちを死蔵している、どうしよう。

”ストリーミング”サービスはインターネットからのデータ配信で音楽を聞く仕組み。CDのデータ量を上回り、CD以上の高音質を簡易に利用できる世の中になっていたのを最近知った。CDを買って音楽データをPCに落とすリッピングも必要がなくなり、なんだかバカバカしくなってきた。

CDプレーヤーやレコードプレーヤ、それぞれの記録媒体も不要、ネット環境とスピーカーさえあれば極上の音楽が楽しめる。PC側に記憶スペースも必要がない。今の若い人はCDの使い方すら知らないと言うから驚く。イヤホンで聴いている若い人にはお金が溜まったら良さげなアクティブスピーカーを買うことをおすすめする。

もし既存のデカいオーディオシステム(昔ながらのアンプやプレーヤーやスピーカーなど)をお持ちならば”ネットワークレシーバー”という機械を介在させてネットワーク音源とアンプとを繋いでPCやアイフォンから操作して、持っている音楽データやストリーミングを高音質で再生できる。

https://www.yodobashi.com/community/product/100000001005147223/review.html

ただ、発展途上で日進月歩、玉石混交の配信サイト側の規格更新に合わせてハード側(ネットワークレシーバー)もアップデートせねばならず、個人的な考えだが、数年後にハードが時代遅れになっている可能性を想像し見送った。ネットワークレシーバーのファームウェアアップデート出来るとしても、PC上のソフトウェアアップデートのほうが直感的。インターフェイスも古臭いドットのデジタルで個人的には好きだが、既存のオーディオとデザインは整合するけれど、お年寄り受けだろうか。操作は専用アプリを入れたアイフォンで操作できる。

アンプを内蔵しているスピーカー”アクティブスピーカー”をPCに直結する選択をした理由はそのあたり。もはやネットワークが主で、スピーカーシステムは従。中央に釈迦如来のようにアンプ類を積み上げて、スピーカー様二台を文殊菩薩と普賢菩薩のように並べる釈迦三尊像的なやり方はもう時代遅れなのかもしれない。

PrimeSeat
PrimeSeat(プライムシート)とは、ハイレゾ音源をライブ、オンデマンド、インターネットラジオで配信するハイレゾストリーミングサービスです。専用ソフトウェア「PrimeSeat」をインストールすることで、臨場感あふれる様々な音楽や音声をお楽しみいただくことが出来ます。 #ハイレゾ #PrimeSeat

ハイレゾ音源しかもストリーミングで実際のコンサートを配信をするサイトがある。コンサートに行けない昨今、面白いサービス。

コメント

タイトルとURLをコピーしました