東信濃の海部郷、洞窟遺跡

出雲王国について勉強するようになってから、大黒様と恵比寿様がオオナムチとスクナに見えるようになってきました!神社楽しい!

上田といえば真田幸村。その真田家は海野宿の海野氏に関連することを現地で知りました。その海野氏は古代からいる氏族。「海」という字、そして古代、長野には安曇野もある、建御名方富命は出雲王家の家系で、生島足島神社に建御名方富命が祀られ、建御名方富命が諏訪王国を作った・・・海野氏の「海」の文字が、なんでこのような内陸に?建御名方富命や出雲王家と関連が深い”海人族”とは関係ないかなぁ~?という私の”妄想”から勉強をはじめました。そしたら海部郷の比定地が近くにあって驚いたのでした。結論から言うと海野氏の祖先は善淵王であり関係がありません。

海野宿の東に白鳥神社が鎮座し、海野氏・真田氏の正当なる氏神「守護神」つまり産土神です。生まれた土地の神様で転居しても海外出張しても一生その人を守ってくれる、産まれた土地の神様を文字通り「産土神」と言います。七五三などは産土神に参る産土詣などがあります。白鳥神社宮司家の古文書資料に、海野氏から真田氏へと繋がる一族の系図が伝わっています。清和天皇から海野氏始祖「善淵王」へと繋がり、真田氏は幸隆(幸綱)から昌幸、信幸、幸村(信繁)までが記されています。真田幸隆(幸綱)は海野棟綱の孫、海野幸義の甥と記しています。幸隆の出自については諸説ありますが、いずれも東信濃の名族海野氏からの血縁を誇りとした、同族としての深いつながりがあったものと考えられます。

海野氏の始祖は「善淵王」で、つまり在原善淵であり、海人族とは関係がなさそうです。

上田城築城の際に、真田昌幸は先祖の地である海野郷から住民を呼び寄せ、城下の大手門前に海野町を築きました。海野郷は本海野に名を改めます。

白鳥神社はヤマトタケル、貞元親王貞保親王善淵王を祭神に白鳥大明神となし・・・とあります。

それはさておき、なんでこんな内陸部、海と関係のないところで、「海」野一族なのか。海という地名がないか、和名類聚抄を見ると、

国立国会図書館デジタルアーカイブ 和名類聚抄より引用

「海部」の文字が見えます。この地域、小県郡(ちいさがたぐん)と言いますが、その中に古代、海部(アマムベ アマンベ)と言う地名がありました。海部郷といえば日本各地に存在する古代の安曇氏に関連する場所です。安曇氏は海人で北九州に由来します。彼らの祖神は「大浜宿禰」ではなく、古事記のいうところの「綿津見神」です。

検索していると、海野宿から南下した依田川上流の右岸に鳥羽山洞窟があり、当地にいた古代の集団が曝葬した場所があります。付近は農業も発展しにくい狭隘地にも関わらず玉や鏡やこの時代に希な金属製品が出土しました。彼らは古墳を作らない代わりに洞窟に曝葬したことが特徴になります。洞窟に埋葬する文化といえば、海人集団や出雲の匂いがプンプンします(チリコさんのサイト島根県出雲市の猪目洞窟遺跡)。『和名類聚抄』の海部郷は、鳥羽山洞窟、岩谷堂洞窟の所在する依田窪地域であるとすでに推定されていました。(上田市史編さん委員会 2000)

古墳時代に突如玉作文化がこの地に出現したことも、外来集団が被葬者ではないかという説を支持します。武石地区の上平遺跡からは、九州北部に出土が多い巴形銅器が出土しており、また上田原遺跡から出土した鉄鉾も北九州以外では殆ど出土しないものであることも、北九州との関連を示唆するものです。北九州と言えばあずみ氏、彼らが海部郷に定着し洞窟遺跡をつくり、特徴のある金属器が出土したと。

弥生巴形銅器の分布 
上田市デジタルアーカイブポータルサイトより引用。長野県武石村 上平遺跡出土の巴形銅器 北九州を中心に分布
上田市デジタルアーカイブポータルサイトより引用。上田原遺跡より出土した鉄鉾。北九州に集積し、本州では稀

出雲に特徴のある銅鐸は長野から出ないのだろうか。次の記事によると塩尻(長野県南部)までのようです。

昭和35年、柴宮銅鐸の発見は驚きをもって報じられました。それまで長野県は銅鐸分布圏外と考えられていましたが、この発見によって少なくとも長野県の南半までは、銅鐸のまつりが行われていたことが明らかになったからです。柴宮銅鐸は、東海地方に特有な三遠式で、時代は弥生時代後期。農耕祭祀にかかわるまつりに使われたといわれています。初めて聞く金属の音は「神の声」とも感じられたでしょう。平成19年、北信の中野市柳沢遺跡から銅鐸・銅戈が多数出土しました。長野県の弥生時代の青銅器祭祀研究も新段階を迎えることになり、柴宮銅鐸の位置づけも再検討が迫られることになりました。

塩尻市平出博物館サイトより

銅鐸の南限は九州佐賀(吉野ケ里遺跡)までのようです。九州は主に銅矛の文化圏で対をなしています。

長野海部郷にある鳥羽山洞窟に類似する葬法が、弥生時代から古墳時代の海岸の海蝕洞窟に多くみられます。島根県出雲市の猪目洞窟遺跡、福井県越前町の厨1 号洞窟遺跡、富山県氷見市の大境洞窟遺跡、和歌山県田辺市の磯間岩陰遺跡、神奈川県三浦市の大浦山洞窟遺跡、千葉県館山市の大寺山 1 号洞窟、宮城県石巻市の五松山洞窟遺跡など。隆起した海蝕洞窟は黄泉の国とつながっていると考えられ埋葬に利用された場所でした。埋葬方法の類似性は、鳥羽山洞窟周辺の依田窪地域、すなわち”海部郷”に、海人集団が外来したと考えられる根拠です。次の写真は海人族の洞窟遺跡の例である千葉の大寺山洞窟遺跡で、参考としてこんな雰囲気が洞窟遺跡です。海蝕洞窟が地盤の隆起により干上がってできます。長野旅行から帰って長野海野郷の洞窟遺跡のことを知り、いずれ行ってみたいなと思っています。

この東信濃に生島足島神社があり、海部郷鳥羽山洞窟のある地域へは山一つ越えます。出雲の洞窟も出雲大社からひとつやまの向こうにあります。位置関係が面白いです。出雲へのオマージュなのだろうか、と妄想したり・・・。

神代の昔、建御名方富命(タケミナカタトミノミコト)が諏訪の地に下降する途すがら、この地にお留まりになり、二柱の大神に奉仕し米粥を煮て献ぜられてたと伝えられ、その故事は今も御籠祭という神事に伝えられています。

https://omouhana.com/2020/10/22/%e7%94%9f%e5%b3%b6%e8%b6%b3%e5%b3%b6%e7%a5%9e%e7%a4%be%ef%bc%9a%e5%85%ab%e9%9b%b2%e3%83%8b%e6%95%a3%e3%83%ab%e8%8a%b1%e3%80%80%e8%9d%a6%e5%a4%b7%e3%83%8e%e7%8e%8b%e7%af%8701/ チリコさんのサイトより引用

海野氏の祖先、善淵王の話にもどりますが、在原善淵とも言います。父は有名な高丘親王、つまり平城天皇の皇子で薬師の変で皇太子を退かれます。父高丘親王の退位に伴い、息子の善淵王は在原善淵と名前を改めます。父の高丘親王は仏教を求めて渡唐し南方の地で行方不明になります。法名を真如といいます。澁澤龍彦の小説があります。

長文失礼しました。

コメント

  1. CHIRICO より:

    ご紹介、リンクありがとうございます。
    どうも安曇族は海部族の分家になるようです。
    長野では銅鐸の代わりに鉄鐸があります。
    タケミナカタ族は長野にやってきて洩矢族と習合しますが、その過程で鉄鐸に変わったのではないでしょうか。
    そもそも洩矢族とは何者であろうか、とずっと考えていましたが、おそらくアイヌ系の一族だったのではと思うようになりました。

  2. yopioid より:

    お断りなくリンクさせていただいてすみません。ご寛容に感謝いたします。
    洩矢さんのミシャグジ信仰は関東まで及ぶんですね。
    また、鉄鐸、サナギの鈴、これも初めて知りました。銅鐸→鉄鐸、これは面白いです。
    また色々おしえてください。

  3. CHIRICO より:

    洩家家の系図に千鹿頭がいますが、この千鹿頭神を祀る子孫が洩矢の本家だと思われます。
    千鹿頭族はある時、長野を追われ、東方方面へ移住していますが、その時にミシャクジ信仰を関東方面に広めたのではないでしょうか。
    長野から千鹿頭族を追い出し、洩矢家を乗っ取ったのが物部氏だと僕は思っています。
    この千鹿頭族の移住に際して、習合していった民族に、豊玉女王(卑弥呼)の息子、豊彦らがいたようです。
    長野から群馬にかけて点在する千鹿頭系の神社では豊城入彦も祀られているからです。
    裏切られ追われる両者は投合し、上毛国に一大王国を築いたのだと思います。

  4. yopioid より:

    新しい言葉。。調べてみます。
    「千鹿頭神:洩矢神の御子神、孫神、あるいはその異名、(中略)『神長守矢氏系譜』によれば、守宅神(洩矢神の息子)の子であり、祭政を受け継ぐ守矢氏の3代目に数えられる。名前は守宅神が鹿狩りをした時に1,000頭の鹿を捕獲したことから由来」「千鹿頭神の跡継ぎが建御名方神の孫神となっている」wikipedia
    上毛のいちのみやに豊のつく神様が居ますね。
    上毛は製造業が盛んで、織物や鉄加工品は外来文化によるものと考えられています。
    それが現代に引き続いてSUBARUや日野自動車、富岡製糸場へと言うのは私の妄想です。
    ユーチューバーの「グンマ17」も物作りの得意なグンマの人で欠かさず見ています。
    村主(すぐり)や甘楽郡(カンラ 昔は韓良と表記)高麗神社がさいたまにあったりします。
    渡来という言葉のニュアンスとして「朝鮮半島」のように習いましたが、それらに、豊系の人々もそして新たにミシャグジ様の文化も入ってきているのかな。
    長野も群馬もお蕎麦がおいしくてお水が美味しくて空気が澄んでいて温泉も最高!でした。

  5. CHIRICO より:

    上毛の一宮、貫前神社は経津主神と姫大神を祭神としていますが、前者は物部の神であり、後に書き加えられた神だと思われます。
    当社で重要なのは姫大神。
    この謎の神名で祀られる神社が別にあります。
    それが大分の宇佐神宮です。
    『一宮巡詣記』では「本尊稚日女尊、相殿経津主命」と記載されていますが、稚日女は豊玉姫の娘・豊姫の別称です。
    本殿手前には別格な摂社として月読宮が設けられており、明らかに豊家が祀った神社であることが窺えます。
    当ブログにコメントをくださったnokananさんによると、ここが豊彦の本拠地であり、後に応神天皇となる竹葉背ノ君の宮ではなないかとのことですが、僕も全く同感です。

    群馬は物づくり大国だと僕も聞いています。
    あのゼロ戦を作ったのも群馬だったとか。
    外来文化といえば外来文化なのですが、日本はそもそも古代から渡来人が定住してきた国なので、どのラインをもって原住としたら良いのか僕には分かりません。
    しかし外来の技術を、元の国以上のレベルにまで極め高める才能に溢れた人種が日本人であると認識しています。

    群馬には巨大な古墳群もあり、その一つが豊彦のものだと聞いています。
    古代には稀有だった馬の文化もあり、親魏和王の息子が統治した国なら、海外との交易も積極的になされたのではないでしょうか。
    群馬は海なし県ですが、長野を通り上越に抜けるルートを豊家は確保していたようです。

    千鹿頭神を祀る神社は名前を変え、関東方面にまで広がっています。
    その社名はwikiの下の方に詳しいかと。

    古代史、面白いでしょう♪
    蕎麦巡りは僕も大好きです。

  6. yopioid より:

    解説ありがとうございます。
    SUBARUが好きで20年以上乗っています。SUBARUの聖地大田工場に行ってみたいなと思っていましたが、
    群馬の古墳もついでに見てこようと思います。
    タケハセノキミ、知らないことばかりです。
    フツヌシは物部の神だとすると香取神宮も?混乱してきました。中臣氏の本拠地でしたよね。あの辺り。
    埼玉のさきたま古墳群にはぶらっと行ったことがありますが、埋葬者が不明とされているんですよネ。チリコさんの推理でぜひ!

  7. CHIRICO より:

    経津主神は物部の神です。
    物部族の景行天皇に息子がおり、小碓・ハリマタケルなどと呼ばれていました。
    かれがヤマトタケルのモデルです。
    ハリマタケルは意気込んで関東に進出しましたが、関東はすでに力ある豪族に支配されていたので、すぐに播磨へ逃げ帰ったそうです。
    その時物部の布都御魂(ふつみたま)を祀ったらしいのですが、当主が逃げ帰ったので、残った人たちは困って経津主神と名を変えて祀ったのが香取神宮なのだそうで。
    中臣氏が祀ったのは鹿島神宮ですね。
    タケミカヅチは出雲系大和族の登美家の系図にその名前が見られます。
    ちなみに東国三社の残りのひとつ、息栖神社の祭神は久那戸神であり、これは出雲サイノカミのクナト神ですね。
    天鳥船神は出雲を乗っ取った穂日家の神なので、後から書き加えされられたのだと思います。

    神功皇后は辰韓の皇子アメノヒボコの子孫です。
    辰韓から新羅に変わる時、自分にも遺産相続の権利があると主張するために朝鮮に攻め入ったのが、三韓征伐の真の目的です。
    神功皇后は帰国後、愛人の武内宿禰(武内襲津彦)の子を儲けますが、その子は4歳で亡くなってしまいます。
    子がいなければ、遺産相続も皇后で終わりになってしまうので、秘密裏に養子に迎えたのが豊彦の子孫・竹葉背ノ君です。
    つまり応神天皇は神功皇后の実子でなく、豊家の皇子だったのです。
    宇佐家では自分たちの血筋から大王が出たことを喜び、豊玉姫(比賣大神)を祀っていた宇佐神宮に急遽社殿を増設し、応神天皇と神功皇后を祀ったのでした。
    宇佐家伝承を受け継ぐ宇佐公康氏も、彼の著書で応神帝は宇佐家の出自であると述べています。

    さきたま古墳群にある前玉神社に行きましたよ。
    偲フ花にコメントをくださる8まんさんによると、祭神の前玉比女は大国主の子孫だとつたわっているのだとか。
    しかし規則性のある前方後円墳群を見ると、大和の勢力を感じさせるものがあり、武蔵国も複雑な経緯を辿ったことを窺わせます。
    さきたま古墳群から少し離れた場所にある鷲宮神社は、元は土師宮だったようで、土師氏というのが富家の当主・野見宿禰の子孫たちです。
    彼らは古墳造りのエキスパートでした。
    古墳群の埋葬者は大和系の蝦夷討伐将軍たちで、土師氏にそれを造らせた、と言うことではないでしょうか。

  8. yopioid より:

    鷲宮神社、http://www.washinomiyajinja.or.jp/
    ホヒとかヒナドリというと、イワクツキですが、それらは習合で、
    そもそもは土師氏のお宮だった。。。それは参らねば。

    豊彦の子孫がタケハセノキミ=応神天皇・・・ということは。。。卑弥呼の???
    USA!USA!USA!と叫びたくなりました。

    数年、埼玉県民でもあったのですが、十万石まんじゅうと彩果の宝石と
    草加せんべいぐらいしかおぼえておらず、さきたま古墳群に行ったときも
    行田で焼きそばとフライを食べて帰っただけでした。

    その程度の知識しか私は持たないのに、ご教示いただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました