甲賀忍法帖 山田風太郎

甲賀忍法帖と言う小説に出てくる言葉を調べたただのメモです。

・「魔魅のように」・・マミ 人をたぶらかす魔物。また、邪悪な人のたとえ。「―とは人の虚言 (そらごと) とのみ思い居しに」〈露伴・いさなとり〉

・「初重の白壁に張り付いたと見る間に」・・https://castles.xsrv.jp/page/131/ 城の七番下の壁。五重塔や三重塔の一番下の基礎部分を初重という。

・「将軍秀忠をはじめその御台所江与」・・崇源院は一般には江(ごう)、小督 (おごう)、江与(えよ)として知られる。浅井長政三女、母は織田信秀の娘・市(織田信長の妹)。いわゆる浅井三姉妹の一人、長姉の淀殿(茶々)は豊臣秀吉側室、次姉・常高院(初)は京極高次正室。猶女に鷹司孝子がいる。最初の婚姻相手は佐治一成だが、秀吉によって離縁させられる。2度目の婚姻相手は秀吉の甥・豊臣秀勝で、娘の完子は、姉茶々の猶子となる。3度目の婚姻相手が後に江戸幕府第2代将軍となる徳川秀忠

・竹千代・・徳川秀忠の次男、徳川家光。吃り。乳母阿福=春日局

・国千代・・徳川秀忠の三男、徳川忠長。利発。秀忠とその御台所江与

・江与・・母は織田信秀の娘・市(織田信長の妹)

戦国の姫、お江の家系図 - かまくら家系図作成所/神奈川県/鎌倉かもめ行政書士事務所
https://kamakura-kamome.com/15813327839956

・阿福・・=春日局。信長を殺した明智派重臣、斎藤蔵之介の娘。斎藤蔵之介は初め稲葉良通(一鉄)に仕えのち伯父に当たる明智光秀に仕えた。

伝存史料から、江が次男の国松を一方的に可愛がり、長男の竹千代を粗末に扱ったというような具体的な証拠は存在しない。ましてや国松に将軍位を継がせようとした一次史料は伝存しない。それどころか傍証史料さえ見当たらない。『藩翰請』などにそうした記事がみえてはいるが、それは江ではなく父秀忠を指したものである。江に対する非難は、かなり作為的な偏見であり、流言飛語の類とみなさざるをえない。

宮本義己『誰も知らなかった江』毎日コミュニケーションズ、2010年。

・「壬申の乱で叛乱を起こした大海人皇子が伊賀の忍者を使ったという記録のあること」・・天武天皇元年672年に起こった古代日本最大の内乱である。天智天皇の太子・大友皇子に対し、皇弟・大海人皇子(後の天武天皇)が兵を挙げて勃発。反乱者である大海人皇子が勝利。

・「義経の家来伊勢三郎義盛が伊賀の忍者であったという伝説」・・・ 武蔵坊弁慶と並ぶ義経四天王の一人。『正忍記』に源義経が忍びを使ったとある。これは伊勢三郎義盛一党のことと考えられる。別名、義経が会った時は、焼下小六という名で鈴鹿山の山賊頭領であった。『伊水温故』に、幼少の頃、村之長である中井と云う者に育てられ、この村を三郎村と呼んでいたのだが、伊勢三郎義盛の名よりこの村を三郎村より転じ才良と呼ぶようになったとある。伊勢三郎も忍者の祖とされ、特に『義盛百歌』という忍者の心得を歌にして伝えたものがあり、『萬川集海』にも多数引用されている。一例をあげれば「忍びには習いの道は多けれどまず第一は敵に近づけ」などの歌があり、忍術のポイントを歌にし非常に興味深い。https://www.ninja-museum.com/ninja-database/?p=683

・「近江の名族佐々木六角入道が足利将軍に抗した際、甲賀侍がその配下となって足利勢を悩ました」・・六角氏(宇多源氏佐々木氏流)観音寺城主。六角家は甲賀郡を含む近江国の守護、伊賀国の4郡の内の3郡の間接統治も行っていた。

・「甲賀鈎の陣」こうがまがりのじん・・室町時代足利将軍が攻めてきたときに、甲賀忍者の活躍で足利将軍に深い傷を負わせ、撃退し、世に甲賀ありと知らしめた戦い。https://ninjack.jp/ninsemi-001/

・甲賀卍谷と伊賀鍔隠れに潜む一族は、ともに服部半蔵に率いられる忍者群同士でありながら、源平の昔より数百年、互いに憎悪を抱く不倶戴天の敵同士でもあった。・・・不倶戴天、同じ天の下には一緒にはいない、同じ天の下には生かしておかない意。不倶=そろわない、の意味。

・「古来、人間の皮膚に生ずるウンドマーレーと呼ぶ怪出血現象がある。なんの傷もないのに、目、頭、胸、四肢からふいに血をながすものであって、ある種の精神感動が血管壁の透過性を昂進させ。血球や血漿が血管壁から漏出するのだ。思うに、この朱絹は、この怪出血現象を意志的にみずから肉体に起こす事を可能とした女であったに相違ない」・・・笑 ツノトカゲが眼から血を吹き出して攻撃するのはテレビで見たことが在る。コレをヒントに忍法に。。笑

【動画】血の涙で攻撃! ツノトカゲ、驚異の護身術
ツノトカゲは、捕食者の脅威にさらされたとき、目から血を吹き出して捕食者を攻撃します。そのユニークで奇怪な自己防衛メカニズムを精細な映像でご覧ください。

・彼奴等(きゃつら)、彼奴(キャツ) キャツ「かやつ」の音変化 彼奴輩(キャツバラ)、彼奴奴(キャツメ)

・「言うにや及ぶ」反語法 →いや、言うまでもない、をうける。

・譎詐に満ちた構造は・・・p108 けっさ いつわりあざむくこと。「―百端の心術の人」

・屋敷の奥にはひとつ短檠がゆらめき・・・p121 短檠(たんけい)は、明かりを立てる台のこと。

蒲郡の歴史と文化財 ねずみ短檠(たんけい) - 愛知県蒲郡市公式ホームページ
ねずみたいんけいのしくみ

・豪猪・・・やまあらし p161

・敵の追撃を荏苒待っていることはあるまい・・・p189 荏苒じんぜん なすことのないまま歳月が過ぎるさま。また、物事が延び延びになるさま。苒=草が茂るさま。荏=①え。えごま(荏胡麻)。シソ科の一年草。 ②まめ。そらまめ。「荏菽(ジンシュク)」 ③やわらか。「荏弱」

・輾転として・・・p193 

1 ころがること。回転すること。また、めぐること。「月と云者は…常に此地球の周囲を―と廻り歩く者にて」〈岡三慶・今昔較〉

2 寝返りを打つこと。「『ああ苦しい、苦しい…』と烈しく叫んで―した」〈花袋・一兵卒の銃殺〉

3 一定しないこと。ころころと変わること。「酒ゆゑ心―する夫の気質」〈浄・近江源氏〉

水口の宿・・・東海道の宿

・法悦のあえぎの吐息を吸って、三人の男が死んだのだ。・・・仏の道を聞いて起こる、この上ない喜び。転じて一般に、うっとりするような喜び。(ここではエクスタシー)。法悦!の最中に殺される忍術、腹上死、いや蜘蛛がメスに食べられるみたいなやつ。

関の宿 三重県亀山市 東海道の宿

・魔睡・・・森鴎外の作品 法悦後の眠気

・苧屑頭巾・・・=おくそずきん(苧屑頭巾) 精選版 日本国語大辞典

頭巾の一種。苧(からむし)のくずで作った強盗(がんどう)頭巾。形は山岡頭巾と同じ。からむしずきん。おくずずきん。ほくそずきん。《季・冬》
※俳諧・宝蔵(1671)二「しづ山がつのむくつけきも、心をみだす苧くそ頭巾、思ひの淵にあこがれて、はかなく身をもなげ頭巾」
〘名〙 (「ほくそ」は「おくそ」の変化) 苧(からむし)の茎で作った頭巾。形は山岡頭巾と同じで深くかぶり、紐で結ぶ。多く鷹匠や猟師が用いた。強盗頭巾(がんどうずきん)。細頭巾。

精選版 日本国語大辞典
出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

・檣・・・p221 ほばしら=帆柱。関連後 危檣(きしょう)=「危」は高い、「檣」は帆ばしらの意) 高い帆ばしら。船の、高いマスト。帆檣。木偏に薔薇と言う字のバの草冠のないやつ。吝嗇の語源はよくわかっていない。

・垂巾笠(たれぎぬがさ)の男がいた。これは昔の虫の垂巾に模した笠で・・・p230 風俗博物館より引用 虫の垂巾(むしのたれぎぬ)↓

・池鯉鮒・・・p236 ちりゅう、知立は江戸時代、東海道五十三次の宿場町でしたが、その当時によくこの字が当てられました。御手洗池という池に鯉や鮒が多くいたことに由来するともいわれています。

・杜若の名所で・・・p240 かきつばた

Kakitsubata1.jpg

かきつばた(杜若)とあやめ(菖蒲)の見分け方で一番わかりやすいのは、植えられている土の様子を見るのがわかりやすいです。かきつばた(杜若)は水辺で茎を出し花をさかせ、あやめ(菖蒲)は乾燥した土から茎を出し花を咲かせています。https://lovegreen.net/flower/p149855/

鬼哭啾々・・p266 悲惨な死に方をした者の浮かばれない亡霊の泣き声が、恨めしげに響くさま。

蒼茫たる薄暮に乳房が玲瓏と光った。・・・p285 玲瓏 美しく照り輝くさま。

・須弥壇の影に経櫃・・・p322 

須弥壇(しゅみだん)とは、仏教寺院において本尊を安置する場所であり、仏像等を安置するために一段高く設けられた場所のこと。須弥山に由来する。 須弥壇の上は仏の領域とされ、壇上に直接諸仏を安置する場合と、厨子や宮殿(くうでん)を置いて、その中に仏像等を安置する場合がある。和様、禅宗様、折衷様がある。

お仏壇ショップより引用 https://www.butsudan-shop.jp/works/product/view/26

地獄の邏卒・・・p334 らそつ

1 見回りの兵卒。巡邏兵。

2 明治初期の警察官の称。のち、巡査と改称。

コメント

  1. CHIRICO より:

    バジリスクは読みましたが、小説の方がもっと面白いのでしょうね、気になります!

  2. yopioid より:

    漫画があったんですか!書いてる人がお医者さんらしいです。やたら、血の描写が細かい笑、漫画が気になります!

  3. CHIRICO より:

    コミックよりもアニメの方が有名かもですね^ ^
    なるほど、妙にリアルだと思ったらお医者さんでしたか、納得。
    たぶん原作の方が内容は深いと思いますが、サクッとアニメで見るのも良いですね。
    ネタバレになっちゃうから、まずは原作からで

  4. yopioid より:

    女忍者がエロかったです。とてもアニメには。。バジリスクなんて出てこなかったなぁ。化け物は沢山出てきましたが。とばしちゃったかな?

  5. CHIRICO より:

    バジリスクは見たものを殺すという怪物ですね。
    弦之介を表しているのでしょう。
    エロさがアニメだとうはうはですよ

  6. yopioid より:

    バジリスクを読みたくなりました。理由は言うにや及ぶ?いや、言うまでもありません。

タイトルとURLをコピーしました