電気製品あれこれ

ハリオのコーヒーメーカー。サーバーを置く保温機能のある金属板の台が錆びて塗料が剥がれた。交換部品と交換方法をメーカーにメールで問い合わせたところ、危険なので使わないでくれ、それから交換部品はなし、新品への有償交換のみ、現使用品を会社に送って、と返答を受く。ヨドバシカメラオンラインショップで新品を買う価格より少し安いぐらいで大して安くないやん、使えるのにもったいない。迷ったが5年使ったからと言い聞かせ、応じることに。来てみると新品はたしかに気持ちいいし性能が上がっている。「まだ使えたのですが、故障一つなく酷使に耐えました。どうぞ供養してやってください。これからも良い製品をお願いします。」と最後にお礼メールしといた。フッ素樹脂とかテフロン塗装なら耐熱性があって剥げないのではともメールした。

お皿の部分が剥げているだけで、コーヒーはいれられるのだが使用禁止と。勿体ない。

EIZOのモニタの電源が入らなくなった。幸い納品から5年以内でメーカー保証期間内と製造番号から判明、電話で修理の手順を案内される。内部電源が逝ったということはコンデンサか何かかな。なんと代替品をすぐ送ってくれた!さらに、修理品輸送箱まで送ってくれ修理工場着払いで家に取りにきてくれた。旧ナナオ時代からの憧れでEIZOのモニタを買ったのだけれどアフターサポートがこんなにいいとは。こういうところでファンを増やしていくのだろう。EIZOは本当に良い会社だ。

機種別情報 EV3237 | EIZO株式会社
EIZO製品情報。コンピュータモニターなどの各種映像関連 機器紹介、ビジネスソリューション、ニュース、サポート、EIZO オンライン ショッピング、用語解説、会社情報など

ダスキンのエアコンクリーニン、黒カビをごっそりとったあと抗菌コートしてもらった。カビの臭いがなくなった。仕事丁寧で素晴らしい。

さて、エアコンの掃除前にダスキンさんが「エアコン設置工事がマズい、どこに設置してもらったの」と聞かれた。エアコンの裏を見るとビスがグラグラである。ケーズデンキさんにカクカクシカジカと伝えたところ無償で再設置してくれた。ダスキンさんが掃除する前にその状態であったことを伝えても、いや違う、ダスキンさんが分解清掃するときにそうなったに違いない、とケーズデンキさんは正義を主張、今度から写真を撮られるといいです、と。私にそんなこと言われてもねぇ。私はどっちが悪いとか正直どっちでもいい、なおれば何でもいい。自己中心的な正義は第三者にはいずれも正義に映りにくい。どちらの正義にも私はウンウンと言いながらどちらの正義にも「ありがとう」とお茶を出した。なんでってダスキンがビスの緩みを見つけてくれたのはありがたいし、ケーズデンキがタダで直してくれたのもありがたいからだ。黒カビの匂いは消えたけど、なんか微妙なやな感じが残った。

駄文にお付き合いくださり、いつもありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました