アラビア太郎 その2

わからない言葉を調べたただのメモです。

唐桟の着物・・・とうざん唐桟は唐桟留の略。

インドのサントメSan Tomeから渡来した木綿の縞織物。デザインを真似して日本で生産されるようになると、外来のものは唐桟留(とうざんどめ)、略して唐桟といった。砧(きぬた)仕上げを施し地合いが滑らかで光沢がある。武州川越で、幕末につくられたものは、洋糸を使い、川越唐桟。コトバンクより引用。

唐桟にはコロマンデル海岸のセントトマス産とされる桟留(さんとめ)、ジャワ島産とされるじゃがたら、セイロン島産とされる錫蘭(せいらん)、ベンガル地方産とされる弁柄(べんがら)などがある。

コトバンクより 桟留縞
コロマンデル海岸 Planemad – による作品 wikipedia

大瓦落・・・大ガラ 大暴落のこと、瓦落は当て字。ガラクタを瓦落多とかく。

ヤマトホテル

https://4travel.jp/travelogue/10755827 市田菊次郎 設計

大正時代の画像と資料<br /><br />建設費90万円以上、完成まで4年を要したという当時としては巨大なホテルで、客室数115室・収容人数175名を誇った。建物の外観はイオニア式ジャイアント・オーダーが8本並ぶルネサンス様式。正面玄関には鉄製のキャノピーが設けられた。設計者は満鉄技師の太田毅と推定されている。欧米人の宿泊客を想定して館内設備は充実しており、蒸気暖房やエレベーターも備えていました。
https://4travel.jp/travelogue/10755827 より引用

不惜身命・・・p214 仏語。仏道修行のためには身命も惜しまないこと。死をもいとわない決意。

千仞の谷・・・=千尋。千尋もの高さのあるような谷、非常に底深い谷を意味する語。仞≒尋。両手を上下に広げた長さが「仞」で、左右に広げた長さは「尋」。谷の深さだから千仞の谷であるな。。。

木強漢・・・かざりけがなく一徹であること。また、そのさま。武骨。「木強な老爺」物事に不慣れで、言動などがぎこちない。しなやかでない。ぶこつである。〔色葉字類抄(1177‐81)〕吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「主人の如く器械に不平を吹き込んだ迄の木強漢ですら」

駒井徳三・・・満州国国務院初代総務庁長官。滋賀県栗太郡常盤村(現・草津市)出身。札幌農学校予科を経て、1911年、当時札幌にあった東北帝国大学農科大学農学部農業経済科を卒業。1912年8月、満鉄入社。1920年、外務省アジア局嘱託。1925年、郭松齢らの満州独立運動に参加。1931年、陸軍省嘱託。1932年3月、満州国国務院総務庁長官に就任。同年10月、総務長官を辞任して、参議府参議となる。1935年、宝塚市に私塾の『康徳学院』を設立する。太平洋戦争後の1946年、GHQより出頭命令を受けたが戦犯とはならなかった。その後も、富士山山麓開発を手がけている。料理の『ジンギスカン』は娘の麻田満洲野によれば1930年頃に駒井徳三が命名したとされ、娘婿の宇都宮徳馬のミノファーゲン製薬の名付け親でもあるという。

七度生まれ変わって国恩に報ぜん・・・p296 七生報国 ななおほうこく。

後醍醐天皇に仕えていた楠木正成が、足利尊氏の軍に敗れて弟(息子とも)と共に自刃した時に誓った言葉に由来する。「七度人として生まれ変わり、朝敵を誅して国(南朝天皇家)に報いん」という意味である。皇国に報いるという意味から、または「七度生き延びて国に報いよ」と解釈されたことから、大東亜戦争(第二次大戦)期は「忠君愛国」「滅私奉公」とともに修身教育に採り入れられ、特に「七生報国」は武運長久にあやかってスローガンとしても多用された。ニコニコ大百科より引用。

湊川神社に大鳥居を寄付した・・・p299 大鳥居の石材として北木島産の花崗岩を使用。

北木島・・・タレントの大悟の出身地、岡山県笠岡諸島。良質の石材の島。大阪城の石垣、江戸時代末の1863年京都を異国の侵略から守るために建造された「西宮お台場砲台」、1879年には横浜正金銀行、1896年には日本銀行本店に使用された。1932年には靖国神社の大鳥居と大石灯籠の石材を積み出した。

非理法権天・・・ひりほうけんてん 楠公精神を象徴する言葉。「非は理に勝たず、理は法に勝たず、法は権に勝たず、権は天に勝たず」https://www.sankei.com/article/20200320-MKNSD6ZTP5LHHIBG7XRCTPEGQQ/2/

宇佐美寛爾・・・華北交通株式会社総裁

山際正道・・・20代日銀総裁

第20代総裁 山際正道の写真

津島壽一・・・小磯内閣の大蔵大臣。戦後処理内閣。山下太郎の満州資産を日本に移転する許可を出さなかった。

松本烝治・・・法学博士。山下太郎を擁護。

1919年(大正8年)に満鉄理事に就任、副総裁を務めた後、1923年(大正12年)に第2次山本内閣の法制局長官を務めた。1924年(大正13年)1月2日に貴族院勅選議員に勅任される(1946年6月25日まで在任)。また帝国学士院会員に選ばれる。1934年(昭和9年)に斎藤内閣で商工大臣を務めた。1945年(昭和20年)に幣原内閣が成立すると、憲法改正担当の国務大臣として入閣、自ら中心となって憲法草案(松本試案)を作成した。しかしこの草案は内容が保守的にすぎるとしてGHQに拒絶されている。1946年(昭和21年)、満鉄監事を理由に公職追放となった。

Jōji Matsumoto circa 1950s.jpg

しかしそんなことが米軍にわかるはずがない。彼らはまるで、他所の家の子供は皆お行儀が悪いと思いこむきれい好きの奥さんのように、日本人を自分の家風に合うようにしつけようとした。・・・・p341 GHQの占領政策に対する筆者杉森さんの言葉。笑う。 

やがて日中戦争となり汪兆銘の重慶脱出となる。・・・p360 汪兆銘政権、親日政権。

汪兆銘政権(おうちょうめいせいけん)は、1940年3月30日から1945年8月16日にかけて存在した、中華民国の国民政府。日中戦争における日本軍占領地に成立した親日政権。行政院長(首相)は汪兆銘(汪精衛)、汪の死去の1944年11月死後は陳公博が行政院長となった。標語は「和平・反共・建国」。首都は南京。最大都市は上海。

譚覚真・・・汪精衛政権外交専門委員・駐日大使館情報部長、譚璐美はその娘。

日本輸出石油株式会社・・・山下太郎と丸善の出資。http://www.foc.co.jp/ja/aoc/history.html

英米系石油会社は東南アジア方面でダンピングを行い、日本の石油製品輸出を妨害。

「砂漠に日は落ちて、夜となる頃」・・・アラビヤの唄の歌詞。二村定一の昭和初期のヒット曲

元はアメリカのポピュラー作曲家F.フィッシャーによるMGM映画『受難者』(The Garden of Allah 1927年9月2日封切り)の主題歌である。本国ではヒットせず日本のみで流行した。1927年(昭和2年)、アメリカ留学から帰国した音楽評論家の堀内敬三が、輸入された「あお空 (My Blue Heaven)」「アラビヤの唄」の楽譜に訳詞をつけて出版。これらの曲はNHKがラジオ番組のジャズバンド演奏に用いるために依頼されたものであった。同年、これらは和製ジャズシンガーのはしりである浅草オペラの二村定一によって歌われ、レコード録音された。演奏は紙恭輔ら。

wikipediaより引用。

国王イブン・サウド陛下は・・・アブドゥルアズィーズ・イブン・サウード 

アブドゥルアズィーズ・ビン・アブドゥルラフマーン・ビン・ファイサル・アール・サウード(アラビア語: عبد العزيز بن عبد الرحمن بن فيصل آل سعود‎, ラテン文字転写:Abdulaziz bin Abdulrahman bin Faisal Al Saud、1876年 – 1953年11月9日)は、ワッハーブ派イマーム(在位:1902年 – 1953年)、ヒジャーズ国王(在位:1926年1月8日 – 1931年)、ナジュド国王(在位:1927年 – 1931年)、ナジュド及びヒジャーズ国王(1931年 – 1932年)、初代サウジアラビア国王(在位:1932年 – 1953年)。アブドゥルアズィーズ・イブン・サウード、またはイブン・サウードの名で知られる。ワッハーブ派イマームとしてはアブドゥルアズィーズ2世、サウジアラビア国王としてはアブドゥルアズィーズ1世と呼ばれる。

Ibn Saud.png

一人ひとりに握手を賜い「アラハーン・ワサハラーン・ビアマーナ・ツラーハ」と言われた。・・・أهلا وسهلا アラハンワサハラン ようこそいらっしゃいました

アラビアに石油が出るようになったのは、イランやイラクに比べて、遅かった。1924年(大正13年)フランクホームズという英国陸軍少佐が、アラビア半島の冬瓜、ペルシア湾のバハレン島で、小さな石油層を発見した。・・・http://www.bahrain-embassy.or.jp/jp/infomation/history/ バーレーンの歴史。バーレーン大使館。

信任状を捧呈する・・・

ほう‐てい【捧呈】[名](スル)ささげ持ってうやうやしく差し出すこと。敬意を示して物を贈ること。

信任状捧呈式

信任状捧呈式 - 宮内庁

アミノイルとゲッティ・・・アミノイル:アメリカンインデペンデント石油会社。ゲティ・オイル・カンパニー(のちのゲティ・オイル)

https://www.gsj.jp/data/chishitsunews/62_02_04.pdf

一番乗り気なのは、出光興産の出光佐三である。「私の理想は最後には油田を掴むことだから、大賛成だ。ただ、私のやり方から言えば、人に知られずに九割までこぎつけるのが商売の秘訣です。あれだけ報道されると、実現は難しいだろう。」p459

吉田半右衛門・・・通商産業省 審議官。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jie1922/34/5/34_5_274/_pdf/-char/ja

勢いのいいのは夾竹桃だけで、赤い花を咲かせている。・・・p538

W kyoutikutou2071.jpg
wikipedia ‘Uncle Carl’ (カールおじさん). – ‘Kusabana Photo Studio’ (草花写真館) / kusabanaph.web.fc2.comより引用

フレアスタック・・・フレアスタック(flare stack)は原油採掘施設、ガス処理施設、製油所などで出る余剰ガスを無害化するために焼却した際に出る炎、また、その手法。煙突のてっぺんから火が出てるやつ。

読了、2021/10/08 23:19

コメント

タイトルとURLをコピーしました