ブースター

NEJMの論文、メモ。論文の趣旨「高齢者には効果があった」

Protection of BNT162b2 Vaccine Booster against Covid-19 in Israel | NEJM
Original Article from The New England Journal of Medicine — Protection of BNT162b2 Vaccine Booster against Covid-19 in Israel
Protection of BNT162b2 Vaccine Booster against Covid-19 in Israel - PubMed
In this study involving participants who were 60 years of age or older and had received two doses of the BNT162b2 vaccine at least 5 months earlier, we found th...

ファイザー製のmRNAワクチン、ブースター接種についての論文。イスラエル。

ファイザー製BNT162b2コロナワクチン3回目接種がイスラエルで承認、2021.7

2回目接種後、5-7ヶ月で予防効果が20-77.5%低下(カタール)、2回目接種後デルタ株に対する予防効果が4ヶ月後までに53%低下(アメリカ)、3回目接種でデルタ株に対する中和抗体価が2回目接種後に比べ55歳以下で5.5倍、65歳以上で12.0倍。以上の既報を踏まえた論文。

(アメリカのFDAは2021.9 「全成人に対するブースター接種の根拠は乏しい、重症化リスクのある成人と65歳以上に限定使用すべき」とする一方で、ファイザーは対象拡大を18歳以上の全成人とFDAに要請している。)

その背景をふまえてこの論文、イスラエルで「60歳以上」「5ヶ月以上前に2回目接種済み」の113万人に、ブースター群(B群)と非ブースター群(nB)で比較。B群と比べnB群の発症率11.3倍、重症化は19.5倍。(60歳以上だけの評価であり、ファイザーの望む「全成人」への要請根拠にはなりえない)

上記論文より引用

nB群に比べたB群の感染率下げ幅。フォロー期間はたったの25日で、長期的評価ではない。

上記論文より引用

ファイザーがすすめる”対象「全成人」”。「全成人対象」はいまのところ結論が出ていない。この論文も高齢者の短期間調査。

コメント

タイトルとURLをコピーしました