佐渡弁慶(寿司屋さん)

佐渡弁慶寿司 佐渡ヶ島の魚を新潟で供する回転寿司。月岡の温泉宿のフロント係に聞いてすすめてもらう「とても回転寿司とは思えないほどです」と。新潟駅から近い万代地区にある。

佐渡寿司弁慶 – SADO BENKEI GROUP
魚屋直営「佐渡寿司 弁慶」では、佐渡沖で獲れた新鮮な魚をその日のうちにさばき、鮮度抜群、四季折々の旬なネタを取り揃えております。

二段のコンベアで下段はとりどりに流れてくる一方、上段は客のところにお誂え向きのが高速で流れてきてピタッと止まる。回転寿司で食うのは養鶏場のブロイラーになったようで味気ないが、それを凌駕した。昼飯抜いたからプラスのバイアスあり。

佐渡・新潟産しばりで注文。セットは値ごろ感があり、ピシッとした板前さんが手で運んで「これは何で」とご説明くださる。コンベアには乗ってこない。

左より、マグロ、キジハタ、コリコリした貝(名前失念)、南蛮海老、たらの白子 以上で五貫1000円という破格。キジハタが特に美味。新潟では甘海老を「南蛮海老」と呼ぶ、おなじホッコクアカエビ。「唐」辛子のように赤いから古来新潟では「南蛮海老」なのだそう。

のどぐろの焼霜、あわび、かにみそ、このセットもお値段以上の味。のどぐろは皮を焼き霜にしてあるから脂が溶けてうまく、皮も柔らかい。のどぐろは炙りが向いているみたい。アカムツ、黒ムツ、イサキは焼霜で皮も食う方がうまい。

初めて食べたイカの丸干。白い一夜干しではなく、お日様に晒した天日干し。チョコレートみたいに黒い。イカスミと肝が入ったまま日干ししてある。一夜干しは日陰で扇風機、天日干しは太陽の味。能登のオリジナル。能登では「いしり」というイカ醤油もあったり、イカ加工技術が独特。この一夜干し、THE・肝の味です!最高。烏賊の塩辛の生臭さを除いて香ばしく焼き上げた感じ。輪っか状に横断されたイカを噛むと、サンドされた肝とイカスミの濃縮された美味しさがガツンとはみ出てきて「んんっ!」となります。匂いも味も強いから食べるなら寿司の後。二人でお寿司を鱈腹食べて8000円。佐渡弁慶鮨さんは案に違わず良かったです。

いか丸干しの食べ方から、美味しくするチョイ足し|中村漁業部
「 どうやって食べるの? 」 見た目からは想像がつかない、いか丸干しの食べ方から、美味しくするチョイ足しについてお書きします。「

コメント

タイトルとURLをコピーしました