遺産(歴史、神社、城、偉い人)

遺産(歴史、神社、城、偉い人)

氅の碑(西国街道)

大竹地区は平地が少なかったため、近世から瀬戸内海の埋め立てが盛んに行われ、その上に現在の化学工場群があります。飢饉の経験を背景に農地目的で埋め立てられました。埋め立てに適した干潟が沖に広がっていたそうです。工場が乗ってると新しい埋立地だと...
工学(化学 電気 建築 土木工学 橋梁 農業)

広島大竹のコンビナート

石油化学にそれほど詳しくないので勉強してみました。前半は大竹にある会社について、後半はコンビナートの構造についてです。 大竹には石油化学系のビッグネームがいっぱい 会社好きにはたまらん地帯です。投資をしている関係で、四...
遺産(歴史、神社、城、偉い人)

玖波駅周辺(西国街道)

玖波駅周辺は廿日市駅周辺と似ていて、共通点は西国街道の宿場町 玖波、くばとよみます。 玖波駅から大竹駅まで西国街道沿いを歩いてみました。 玖波駅を降りると、客待ちをするタクシーの運転手が退...
遺産(歴史、神社、城、偉い人)

おしりがもずもずする。

明神さま(下関市立角島小学校HPより) 角島は、まわりに広い浅瀬や速い潮の流れがあり、昔から『海の難所』として知られていました。『角島の沖を通るときは、知って3里、知らなくて10里沖を通れ』という言葉ができるほど、昔の人は角...
遺産(歴史、神社、城、偉い人)

常呂遺跡 漆(天然樹脂)vs合成樹脂

はじめ人間ギャートルズのBGM <BGMをどうぞ> はじめ人間ギャートルズのオープニングとエンディング、旧石器で、ちょっと違いますか。 北海道の縄文人の副葬品に、糸魚川のヒスイが出てきた。 縄文時代晩期に副...
遺産(歴史、神社、城、偉い人)

常呂 石刃鏃文化 せきじんぞく

縄文時代に旧石器時代が一瞬戻るハナシ 常呂遺跡(ところいせき)の展示から。縄文時代に旧石器時代が一瞬戻る話。=石刃鏃文化 旧石器にもどった500年間は気温が低い 縄文時代の始まりは土器の出現が指標。上図矢印の一瞬...
遺産(歴史、神社、城、偉い人)

常呂遺跡 

常呂をトコロと読む ところ、と読みます。サロマ湖の畔にあります。 カーリング女子で知名度が上がったカーリング。あの語尾下げのいくよー、そだねー、OK!の会話の調子が好きなのだが、上野のウェンディーズというハンバーガー屋で「ポテ...
遺産(歴史、神社、城、偉い人)

北方領土まで歩こう会で鈴木宗男さんに出会った

納沙布岬のオーロラタワー 後出するマラソン大会のゴール地点 根室で迎えた朝。根室半島の先端、ノサップ岬へ。 雨天、日本最東端で一番早い日の出は拝めず。間近に...
遺産(歴史、神社、城、偉い人)

釧路湿原 旧鶴居軌道跡

温根内ビジターセンターのそばを通る真っ直ぐな道。この上に線路があった。 かつて北海道釧路市と鶴居村とを南北に結んだ簡易軌道。釧路湿原の西縁を走っています。 殖民軌道とはかつて日本の北海道で見られた軌道の一形態で、194...
遺産(歴史、神社、城、偉い人)

藻鼈川もべつがわ 鴻之舞こうのまい

羽田。ラウンジに美味しそうな酒が。しかし、到着後レンタカーなので断念。「青汁に牛乳を混ぜて!」とあり、飲んではみたが「不味い、モウいっぱい」にならず(コッソリ残した)。 紋別空港に到着。ゆく先々の北海道の人に、紋別に空港があ...
遺産(歴史、神社、城、偉い人)

根室の金毘羅様

金比羅様さんが根室にある。神社の雰囲気が懐かしく、旅先から帰ってきたかように錯覚。北海道の明治以降の開拓地と思われる場所で見かける鳥居は真っ赤なシンプルな形であったり(笠木などがない)、祠が真っ赤であったり、異風と感じてはいた(開...
遺産(歴史、神社、城、偉い人)

根室港の石畳

柳田藤吉の伝記の中で、面白かった(面白がってい良いのかはしらん)ところがある。早稲田になぜ北門義塾を作ったかという経緯のところ。戊辰戦争のとき、朝敵の庄内藩に兵器・弾薬を売り、一方で新政府側の秋田藩に軍需品を売った。そもそも商人と...
遺産(歴史、神社、城、偉い人)

北海道集治監十勝分監跡地

明治政府は富国強兵、殖産興業政策達成のため蝦夷地を北海道と名づけ、開拓使という役所を置いて開拓を進めた。明治政府を去った江藤新平らが佐賀の乱、続いて神風連の乱、秋月の乱、萩の乱が連鎖、西南戦争へ。一連の動きで”国事...
遺産(歴史、神社、城、偉い人)

旧陸軍演習場内 支那圍壁砲台

習志野、陸軍訓練場跡地の一画にある遺構。現在私有されている。外観を撮ったり眺めたりしていたところ自転車に乗った所有者の方が帰宅され、挨拶を交わし「中に入られますか」と声をかけていただいた。自己紹介をして中の...
タイトルとURLをコピーしました