スナップ写真 日記 旅行記

スナップ写真 日記 旅行記

北海道(2)紋別 サロマ湖 キムネアップ岬

紋別港です。 サロマ湖です。展望台が山の上で、初めての北海道の山ということもありクマを必要以上に恐れ神経ピリピリで登りました。 キムネアップ岬からみた夕陽です。 キムネアップ岬はサロマ湖の南岸、東寄りにある岬。 キムネアップ岬は砂州と繋がっ...
スナップ写真 日記 旅行記

北海道(1)紋別空港 紋別市

昔の写真を整理してみます。 2019.9.10 紋別 藻鼈川もべつがわ 鴻之舞こうのまい オホーツク紋別空港に到着。レンタカーを借りました。 藻鼈川河口です。 藻鼈川を上流方向に眺めます。この上流に鴻之舞金山がありました。藻鼈川上流の鴻之舞...
スナップ写真 日記 旅行記

ニオイのテロリスト

デパートでエレベーターを待つ。おばさんが降りてきて入れ替わりに私が乗る。おならの臭いがする。さてはおばさん、やりゃあがったな、チキショウ。降りようと思ってももう遅い。息を堪えて目的階へ。そして降りるとき、入れ替わりに女子高生が乗ってきた。俺...
スナップ写真 日記 旅行記

大分空港から国東町まで歩く(武蔵町、国東町)

国東半島はほぼ円形で、中心の頂から谷と山が放射状に広がり、放射谷と呼びます。中心にフタゴ火山があった跡に川によって谷がいく筋もできました。その谷筋の一つの写真。 大分空港から北へ歩いてみました。後で知ったのですが、杵築と国東との間に国東鉄道...
スナップ写真 日記 旅行記

新井が良い、新井が悪い

うまく行かない時、因果応報を考える。広島の人はなんでも「新井が悪い」と言った。今に当てはめたら、ウクライナ、コロナも新井が悪い。全てのカルマは広島をでて阪神に行った「新井が悪かった」アライさんは本当は悪くないのに。 新井が悪い、は広島市民球...
スナップ写真 日記 旅行記

お先棒を担ぐ類

何をもって利口とするかは人それぞれ、SDGsといえは真っ先に飛びつき、オカマ保護運動といえばその先駆者たろうとしたり、率先してマスクをするばかりか他人にマスクを強制をしたり、そういう感度の高い人を”お利口”というのかもしれません。「私は最先...
スナップ写真 日記 旅行記

メモランダム

短い思いつきを書き溜めています。ご迷惑でしょうが、一気に吐き出します。おえー 包丁を研ぐ理由 青を選ぶ理由 ソニックは小倉駅でスイッチバックする 成田空港 ピーチ第1ターミナル ”ピーチはぴイチ” マスクのケバケバ 配慮 コオロギとうんこの...
スナップ写真 日記 旅行記

福岡県春日市伯玄町二丁目

小2から中2まで福岡県春日市伯玄町二丁目に住んでいました。大雨で大分方面の旅の予定をとりやめ、福岡空港周辺で時間をすごそう、そうだ、約40年ぶりに3時間ほど春日市を徘徊してみようという寸法。 Muyo - 投稿者自身による著作物, CC 表...
スナップ写真 日記 旅行記

第二足趾が長いと足が速く、手の薬指が長いとトレーダー向き(指の形による占いみたいなもの)

足の人差し指というときに気が引ける。足で人を指すのは変だと思うから。それでもわかりやすく言うと足の人差し指、つまり第二足趾、それが長いと足が速いということを知った。 私は第二足趾が長く、普通の人用の靴下や靴を履いて走ると第二足趾が巻き込まれ...
スナップ写真 日記 旅行記

オクサレ様

駅周辺を徘徊しているお爺さんがいて私はこっそりオクサレ様と名付けている。独り言をブツブツ言い、冬でも軽装で半ズボン。見かけたら、今日も元気に生きとってじゃ、と心のなかで手を合わせている。見つけたら幸運と思うようになった。この暑さのせいか、最...
スナップ写真 日記 旅行記

献花

2022/09/27 晴れ 献花に着て行く服がさっぱりわからない。昔誂えた礼服は着心地が緩くなっていた。献花などしたこともなく襟付きのボタンダウンシャツに折り目の付いたパンツを履き、仕事に行く格好とさして変わらないなと不安になり、多少の見栄...
スナップ写真 日記 旅行記

半身浴

右肩の手術跡に縫合糸が残っていて風呂に浸かれない。3日風呂に入っていないと忘れていた自分の匂いがそれなりに漂ってくる。それは赤子のとき母の背中で嗅いだ頭皮の匂いに似ている。人の体臭というのはそれほど悪いものとは思わないが、他人はどう思うか知...
スナップ写真 日記 旅行記

薩摩郷土料理 カライモモチ、ガネ、アクマキ

関平鉱泉水の直売所併設の道の駅売店で物色。珍しい食べ物を見つけた。食べながらナンジャコリャと思いつつ調べたら郷土料理であった。カライモモチ、ガネ、アクマキ、パッケージの品名に探検心をくすぐられて買ったのだ。 からいも餅、さつま芋が混ざったお...
スナップ写真 日記 旅行記

えびの高原、火山性酸性土壌、ツツジ科

硫黄谷温泉から見下ろす霧島市が、まるで雲海に埋もれているように見えます。 霧雨の中、えびの高原へ。霧島の語源は霧の海に浮かぶ霧島連山に由来するようです。 雨に濡れた透明感のある銀竜草(ギンリョウソウ)、土中から生えてきたばかりのように見えま...