オンネトー 湯の滝

入り口の駐車場に車を停めた。私が山道を進みはじめるのとほぼ同じタイミングで、先にいたもうひとりの客が進みはじめた。並んで話しながらオンネトー湯の滝を見に行った。駐車場から滝まで約1.5kmの道は森を縫う。熊が出るのじゃないかと少し心配になるほどの苔むした道だが、高低差はあまりなく歩きやすい。あたりは緑鮮やかで歩道を外れたところの倒木はそのまま何年もかけてくちていくような静かな原始林。

35億年前の先カンブリア時代に始まった「マンガン鉱床生成現象」が今も進行中のオンネトー湯の滝。マンガンイオンを含んだお湯が、滝の表面を流れ落ちるうちに、酸素と合わさって酸化し不溶化、真っ黒な二酸化マンガン鉱物ができ、滝の斜面に沈殿している。糸状藻類(シアノバクテリア)とその周りに住むバクテリア(マンガン酸化細菌)がコラボして、マンガン鉱床を現在も生成している。一日に乾電池60個分のマンガンを生成している。

旅の失敗話(露天風呂に裸で入っていたら周りに客が来てそいつら足湯ばかりで出られなくなってのぼせた話)などを披露し話が途切れることもなく湯の滝に到着。相手は神奈川の方だった。

以前は入浴できていたが今は保護のため禁止。外来熱帯魚を放流させた不逞の輩がおり、糸状藻類を食われてしまいマンガン生成現象が見られなくなっていて、外来魚駆除に取り組んでおられる。滝壺部分は濃厚な藻が見たことないようなやや毒々しい色彩を放っている。女の人が仰向けに浮かんだら、オフィーリアごっこできそう。

滝に触れると丁度いい温度。温泉として利用していた地元の人の気持ちが分かる。浴槽の隅っこに岩の隙間から湯がほとばしるようなのが設えてある温泉をたまに見かけるが、これは壮大なそれだ。給湯する仕掛け日本一!

同行した人は滝を回るのが趣味、いろいろな趣味があるのだな。その延長で登山も最近始められたと言う。斜里岳、阿寒などの3つの山を5日間かけて登ると言う。その人の話では屋久島がいいと言う。屋久島は飛行機で鹿児島まで飛んでそこから船で行く。1日目に滝を散策し、2日目に山に登るって言ってたかな。そこの滝もいいと。

一つのテーマを訪ね旅してる人によく出会う。天売島で会った人は全国の城100選巡りをしていた。滝の好みってありますか?と聞いたら滝の形を教えてくださった。直瀑と言うまっすぐ落ちる滝、そして滑滝(ナメタキ)と言って傾斜のなだらかな滝表面をサラサラと落ちていく滝、その人は”ナメタキ派”であると流れるように説明された。私はしばらくナメタキを”なめ茸”と聞き間違えていて、なめ茸の瓶詰めやエノキダケと滝とがどうも結びつかないなと腑に落ちず、率直に聞いたらナメタキですと訂正してくれた。言葉が淀みなく湧いてくる人で無駄な言葉がなく聡明な人だった。

コメント

  1. […] 北海道集治監十勝分監跡地 緑ヶ丘公園 足寄 網走本線→池北線→ふるさと銀河線 足寄 束柱類化石 オンネトー湯の滝 藍細菌と鉱床 オンネトー湯の滝 […]

タイトルとURLをコピーしました