甘味処 みつばち

御徒町駅から湯島天神のほうに、不忍池の南側を西にすこし歩くと、甘味処みつばちが左手にある。

甘味処 みつばち|甘味処|【公式】歴史ある黒蜜のお店
創業100年歴史をもつ“甘味処 みつばち”の公式ホームページです。甘味処 みつばちはこれからも変わらない美味しさで多くのお客様に愛され続けるお店を目指します。是非とも湯島にいらした際はお立ち寄りください。

甘味処みつばちは、小倉アイスを最初に作ったところであり、氷業が発祥。他にもあんみつに黒蜜をかけるアイデアを最初に実行した店。あんみつに黒蜜はどこでも今は定番の組み合わせになっている。森鴎外もここに小倉アイスを食べに来たそう。道路に面したショーウインドーにはあんみつのカップや色とりどりのアイスが並べてある。待っていると、年配の方が多く買いに来る。注文の梱包を待っている間に、モナカに挟んだ小倉アイスをおばあさんがうまそうに立ち食い、無表情で頬張っていたりする。歴史も名声もあるのに虚飾のない雰囲気が実直そうでとてもいい。

程よい甘さの茹で小豆が散らしてあって、これが根幹となる。糖液と一緒に匙ですくって噛んで潰すとパサパサしてなくてしっとりとして、素材の味がする。小豆自体が滅法うまい。普通の小豆ではないのだろうか。こしあんも爽やかで美味しい。小倉アイスは小豆を大量に使ってあって、小豆そのものという感じで、そのへんの小倉アイスより遥かに美味い。

小豆氷菓つながりで、井村屋のあずきバーも好きだ。あずきバーは硬度計ではかると石より固くて、毎年歯を折る人がいるという噂がある。釘も打てるらしい。

【ゆっくり解説】万引き犯を撃退するほどの威力!?世界一硬いアイスに認定されていたあずきバーの伝説とは【サファイア超え】

コメント

タイトルとURLをコピーしました