開かずの踏切

京急本線で都内に残る最後の踏切、品川第一踏切にて。2020年より高架化に着手中で、いずれこの風景を間近に見ることもなくなります。”東海道”を国鉄と立体交差化するために日本で最初に作られた跨線橋「八ツ山橋」に並行する緑色の「鉄道用跨線橋」を通って、京急鉄道が国鉄を跨線したあと旧東海道をすぐさま跨ぎ、八ツ山橋を渡ってきた旧東海道の交通を塞ぎます。この踏切が「開かずの踏切」として有名なのだそうです。品川駅の南側にあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました