ゾウ🐘とサイ🦏 象潟と犀潟

寝台特急あけぼのが「きさかた」と「たかさき」に停車していたことを知りました。象潟駅と高崎駅のこと。日本の横書きは古代から戦時中まではRTL(right to left)第二次世界大戦後にGHQの教育方針や英語が多く入ってきて英語にならう形でRTLからLTRへ移行「きさかた」と「たかさき」の駅名標はそれぞれ逆転しました。

ja:User:駅弁 (Ekiben) – ja:File:EF81 138 Akebono at Aomori Station.jpg (Uploaded 2011-07-31), CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=30769226による

象潟の由来が気になり始めました。象潟。。ゾウがウロウロあるいていた説はないのか?

🐘🐘🐘🐘🐘🌴🌊

「刻(キサ)まれた潟(島が点在する内湾)」説、「象牙(きさのき)の渡来に依るもの」説、「蚶貝 キサガイ」が採れた説があります。

象が居たのではないのか、と個人的に食い下がってみます。キサは象の古語とある。

象の古名をキサ、語源は象牙の横断面に橒(きさ、木目)があるため(『萬葉動物考』)。『和名抄』に「和名 伎左」、天智紀に「象牙(きさのき)」、当時すでに象牙が輸入されていた。『拾遺集』にも「きさのき」(巻7-390、物名)を詠んだ歌がある。その一方で、『名義抄』に「キサ キザ サウ」、『色葉字類抄』に「象 セウ 平声 俗キサ」とあり、平安期には「キサ」「キザ」の他に、「サウ」や「セウ」。万葉集の「象山(きさやま)」「象(きさ)の小川」「象(きさ)の中山」は現在の奈良県吉野郡吉野町にある喜佐谷周辺の地を指したもの。象山は三船山と向かい合って象谷(喜佐谷)を形成。「象(きさ)」の地名は、橒(木目)の如き、ギザギザと蛇行した谷に由来するという(『角川日本地名大辞典』)。象谷に沿って吉野川の支流である象川が流れている。(国学院大デジタルミュージアムより引用 改変)

輸入品だけの時代に「キサノキ」と象牙を呼びならわし、実体の象は不在であったようです。動物としての象は想像の産物であったようです。

それでもゾウがパオーンと歩いていた潟であって欲しい。日本に象の化石は出る。ゾウがいた潟ではないのかよ。1600万年前にステゴロフォドンが日本に居たんよ。600万年ぐらい前にツダンスキーゾウがいたんよ。400万年前にミエゾウ、230万年前にハチオウジゾウ、100万年前にアケボノゾウとムカシマンモス70万年前ぐらいまでいた。62万-57万年前にトウヨウゾウがいたよ。しばらくゾウの不在期間のあと、34万年前にナウマンゾウが現れ、1万5千年前ぐらいまでいた。しかし。。

。。そこからあとの文字のある時代つまり有史時代にゾウは化石として出ない。つまり化石として出たか輸入品かだけで象を推し量る、「象」不在の時代が存在した。その象牙に木の年輪みたいなのがあったから「キサ」と呼んだけれど、象の全体像とはかけ離れたところからのネーミング。

きさは材木の断面に見られる模様、木目、木理。漢字は木の雲、年輪みたいだ。ゾウの古語がキサ、つまりゾウの牙だけのことをキサといって、全体像はセウ、つまりゾウと言った。

https://blog.suzuin.co.jp/2916.html より引用
蚶貝(きさがい)とは? 意味や使い方 - コトバンク
精選版 日本国語大辞典 - 蚶貝の用語解説 - 〘名〙 「あかがい(赤貝)」の古名。神名として「古事記‐上」に「𧏛貝比売」、「出雲風土記‐島根」に「支佐加比比売命」の例が見られる。

【蚶貝】きさがいは「あかがい(赤貝)」の古名と本居宣長が言ったようだが、違うらしい。キサガイは巻き貝の意味で(キサは階(きざ)、段(きだ)の古語に通じ諸段階や階層性が原義)。神名として「古事記‐上」に「キサ(討に虫)貝比売」、「出雲風土記」に「支佐加比比売命」の例が見られる。細螺を「きさご」と読む。ニシキウズガイ科の巻き貝。

まとめると

・キサはダンダンや階層を示す。木目のこともキサという、階層構造

・キサは象牙のこと、セウはゾウの全体像

・象潟はゾウのいた潟ではなかった。人間が言葉を使っていろんなものに名前をつけた時代に、象は居なかった、化石の示す限りおらんかった。象がノシノシあるいている様子をみて象潟って名前にしようや、というのは従ってありえない・・。

・でもね、文字のない時代の日本では象の化石があちこちで出たんですね(アキラメロン)

ところで新潟県に犀潟駅(さいがたえき)という動物のサイ(犀)🦏の付く駅があります。きっとサイの沢山いた潟であるに違いないっ!!!🦏🦏🦏🦏🦏🌈🌊

以上象潟🐘と犀潟🦏のお話、終わり。皆様どうぞ良い週末をお過ごしください。

<ゾウの化石のある博物館>

野尻湖ナウマンゾウ博物館
常設展 - 多賀町立博物館
忠類ナウマン象記念館|教育・文化・スポーツ|幕別町
ようこそパークゴルフとナウマン象のまち幕別町の公式ホームページへ。幕別町の観光情報、産業情報等を掲載しています。
A展示室 | 滋賀県立琵琶湖博物館
琵琶湖博物館A展示室では「湖の400万年と私たち」をテーマに、琵琶湖のおいたちと生き物の移り変わりを、リアルな標本とジオラマで展示しています。
開館記念企画展第3弾 でかいぞ ミエゾウ!~化石が語る巨大ゾウの世界~
開館記念企画展第3弾 でかいぞ ミエゾウ!~化石が語る巨大ゾウの世界~の概要
特別展「太古の哺乳類展―日本の化石でたどる進化と絶滅―」- 国立科学博物館
特別展「太古の哺乳類展―日本の化石でたどる進化と絶滅―」 会期:平成26年7月12日 (土) ~ 10月5日 (日)、会場:国立科学博物館 (東京・上野公園)、開館時間:午前9時~午後5時(金曜日は午後8時まで)※入館は各閉館時刻の30分前まで。 休館日:7月14日(月)、9月1日(月)、9月16日(火)、9月29日(...
学芸員自然と歴史のたより「世界初のナウマンゾウ化石」 | 横須賀市自然・人文博物館
 横須賀はナウマンゾウの化石が初めて見つかった場所です。今回は世界初のナウマンゾウ化石である、横須賀製鉄所産の下あご化石についてご紹介しましょう。
エントランス展示:北広島マンモス復活プロジェクト – 北海道博物館
恐竜化石が見れる日本の博物館
ゾウの足跡の化石 ~ 入間市エリアガイド
1975年に狭山市笹井の入間川左岸で発見されたゾウの臼歯化石。そして1991年には入間市野田で、ゾウの足跡の化石が発見された。関東地方で初めてのゾウの足あと化石である。研究者・愛好家ら中心の、600人を擁する「入間川足跡化石発掘調査団」による13日間の調査が行...
甲府にもナウマンゾウがいた!
海底に眠るナウマンゾウの化石 of 和歌山県立自然博物館公式ホームページ
ゾウ近縁の頭部化石発見か 岐阜、1800万年前の地層
瑞浪市化石博物館(岐阜県瑞浪市)は10日、ゾウに近く、水中に生息した「束柱類」の可能性がある動物の化石が見つかった市内の1800万~1700万年前の地層を緊急…
平塚市博物館
平塚市博物館 Hiratsuka City Museum「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館
https://www.city.mizunami.lg.jp/res/projects/default_project/_page/001/004/650/special74.pdf
A6 ナウマンのゾウ化石
ナウマンのゾウ化石
倉敷市の化石
ナウマンゾウ|佐野市
分類化石 (哺乳類)時代新生代 第四紀 更新世体長3.6メートル、高さ2メートルの大きな身体。2本の長く伸びた牙。これはゾウの全身骨格です。ゾウといえば動物園の人気者ですが、化石館に展示してあるのは「ナウマンゾウ」という、かつて日本にいたゾウの復元骨格です。残念ながら絶滅してしまいましたが、佐野市内でも歯や大腿骨の化石...
都野津をステゴドンゾウが歩いた時代
第一展示室 - 千葉県立中央博物館 大利根分館
千葉県立中央博物館 大利根分館の公式サイトです。「利根川の自然と歴史」「千葉県の農業」を常設展示の全体テーマとし、千葉県の北西部にあたる香取・海匝など東下総地域の自然と歴史について学べる博物館です。

コメント