工廠神社(産業神社)

ヨドコウの岸壁です。ヨドコウの敷地には呉海軍工廠時代に艦載砲の製造工場がありました。呉海軍工廠砲熕部と言います。

呉港が見える山を徘徊していたら、呉海軍工廠跡の背後の山、串山に「工廠神社・産業神社」がありました。予期せず遭遇した寺社には、まず偏見なく参ることにしています。大腿がひくひくするくらいの階段を登りました。聞いたことない名前の神社です。工廠神社。御札を買って帰るぞと意気込んで階段を登ります。しかし、待っていたのは荒れ放題のおやしろでした。

ものすごくきつい階段を登ります。山自体高低差はそれほどでもないのですが、階段の一つ一つが小さくて傾斜がきつい。

もうすぐ頂上というところで、足がワラワラと笑ってきたので立ち止まって見渡す。・・すわ!なんという巨石、、、防空用トーチカ様がお迎えしてくださります。巨石信仰で知られる出雲の磐座(いわくら)もかくや。”ご神体”に恭しく手を合わせます。ただならぬ雰囲気と人っ気の無さで少し物怖じします。イノシシが出るとか看板在るし、心細くなります。どうも普通の神社じゃないネ。。

優しく微笑まれるトーチカ様。内視鏡で覗いてみたい。

来し方を振り返ると、御影石と思われる階段。戦艦大和を作ったドックも、御影石で構造されていると、呉出身で三菱造船で働いていた尊敬するおじさんに子供のとき教わりました。もう少しだけ登ると神社のあった平たい台地に出ます。廃墟の趣を味わうとします。

てうづ(てみず)できる場所も完備、ただ水はたたえておりません。次にお示しするのは御本殿跡です。なんかちょっと可愛そうな感じです。

あたりを見渡しても巫女さんはいません。きっと、ここの巫女さんは若い呉工廠の工員たちの憧れ、モテモテだったはず・・・などと妄想にしばし耽ります。御札も絵馬も売ってはいませんでした。はっきり言って廃墟です。どうしてこうなった。。。

家に帰って調べますと、この串山は3つの機能を果たしていました。

①呉海軍工廠職工教習所(工業中堅エリート専門学校。若い優秀な生徒を各地から選抜し、教育。横須賀にもあって統合され、”工員養成所”に改組改称されました)

②防空監視哨。

③地下工場があったようです。

祖父は呉工廠で働いて居たので、ここ①で学んだのだろうか。

工廠神社のプロフィールですが、昭和15年11月10日「紀元二千六百年記念」として御祭神天照大神として創建されました。

大東亞戦争終結後、連合軍が呉基地の全施設を接収、昭和31年英連邦軍が撤退、全施設が呉市に返還され、その条件として「旧軍港市転換法(軍転法)」に則り、軍港であった4市は様々な施設を破壊します。工員の教習所や養成所関連施設も”破壊”されました。神社の石段やトーチカまでは破壊されなかったようです。頑丈そうですから。この工廠神社を廃墟たらしめた端緒の時期と推測されます。ここはあまり整備活用されていないようです。ぜひともご活用いただきたい。

石段の一つ一つが小さくて、子供用かと思うほど。のぼるときはつま先で行けましたが、降りるときはかかとでトットコ降りるのは到底無理、横向きに足を置きながらソロリソロリ降りました。

下記帰ってから読んだサイトです。通り過ぎて気づかなかったところがたくさんありました。気づかずに通り過ぎた場所に思いを馳せるのもまた楽しいものです。

いつも駄文にお付き合いいただきありがとうございます。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssvte/44/1/44_KJ00009287012/_pdf/-char/ja
呉海軍工廠 工員養成所・海軍技手養成所・工廠神社
広島県呉市に所在した呉海軍工廠 本部の背後、串山に工廠神社、東麓には呉海軍工廠 工員養成所、海軍技手養成所がありました。▲海軍技手養成所跡に遺るコンクリート階段【探索日時】平成19年11月25日、平成29年4月4日...
呉 海軍工廠(串山公園) - とある戦跡と自衛隊
【11】旧呉海軍工廠海軍技手養成所跡と周辺の海軍遺構 - 呉市ホームページ
旧帝国海軍:呉の工廠神社周辺(広島県呉市) | 安芸の国から
呉の工廠神社、その周辺にある戦争遺構です。工廠神社と記すよりもアレイカラスこじま周辺と記すほうがわかりやすいかな
職工教習所・工員養成所について:三十糎艦船連合呉支部
呉海軍工廠工員養成概略史 - Google 検索

コメント

  1. Beautiful blog

  2. yopioid より:

    ਸਤ ਸ੍ਰੀ ਅਕਾਲ! ਤੁਹਾਡੀ ਟਿੱਪਣੀ ਲਈ ਧੰਨਵਾਦ.
    ਦੂਰੋਂ ਇਸ ਬਲਾੱਗ ਤੇ ਆਉਣ ਲਈ ਤੁਹਾਡਾ ਧੰਨਵਾਦ.
    ਮੈਂ ਬਹੁਤ ਖੁਸ਼ ਹੋਵਾਂਗਾ ਜੇ ਤੁਸੀਂ ਮੇਰੇ ਨਾਲ ਇਕ ਜਪਾਨੀ ਵਿਅਕਤੀ ਵਜੋਂ ਮਿਲ ਸਕੋ.

  3. Please read my post

タイトルとURLをコピーしました