台湾 九份

Liquefied Petroleum Gas LPガスですね。

台北から九份へはバスが便利です。以前鉄道+バスで行きましたが直通バスは乗り換えがなくていいです。昔乗った鉄道は古臭くて趣がありましたので私は好きです。

行きは台北市内の北門か西門バス停から台北客運(バス会社)965に乗り、九份老街で降ります。帰りは基隆客運(バス会社)の1062に乗ります。数字だけ覚えればOKです。

帰りは松山宮あたりで観光しようと思い、台北市東側の松山車駅で降りました。交通混雑を避けられることから昼にでて夕方戻りました。

行きの台北北門駅で待っていると台北客運965が北門に到着。ところが私達のところで満席となりました。電光掲示板が見えませんが、実際は文字が大きく遠くから965とはっきり見えます。

積み残して行っちゃった・・・。でも15分ぐらいですぐ次の965が来ます。大型観光バスサイズが次々にくるので心配はいりません。立ってまで乗せることはしません。みんな座っていけます。

九份小学校への階段に座って、近くにあるタロ芋団子ぜんざい屋「阿柑姨芋圓」のスイーツに舌鼓を打つ台湾の人々。

切り立った地勢で平地の少ない海岸線で、瀬戸内の海岸を彷彿とさせます。

フィリピン海プレートが東からユーラシアプレートにぶつかり、堆積物を隆起させてもりもりっと台湾島ができています。

遠方の山肌に墓のようなものが無数にあります。

帰って調べると九份の街に隣接する墓地でした。上図南半分が墓地。家のような形をした伝統形式の墓です。死後に住む家として家の形。

写真スポットらしいので私もパシャリ。

茶屋で少しお高いビールを頂きましたが眺めもよく値段はショバ代、台湾ビールは美味しくてついつい飲みすぎます。はちみつレモンのような香りがします。苦味少なめ。

臭屁袋で検索すると。。。実演動画がありました。ブーブークッションです。再生される方は音にご注意下さい。リアルすぎてあらぬ嫌疑がかかってはいけないので。タオバオ通販サイトより引用

https://cloud.video.taobao.com/play/u/2213177909199/p/2/e/6/t/1/392588286935.mp4?appKey=38829

お読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました